RMTとMMORPGの関係

トップ

RMTとは?

RMTの誕生

RMTのメリットとデメリット

RMTでの詐欺

RMTの誕生

そもそもはどのようにして生まれたのでしょうか。

需要があれば供給もある。これは当たり前だが、まず、なぜ、ゲーム内通貨を本当の通貨で売ろうとしたのでしょうか。普通、RMTなんて言葉がなかったときは、買わないだろう。もしかしたら、誰かが『それ○○円で売って』とでも言ったのかもしれません。それはさておき、ここのページではRMTの誕生について書いていこうと思います。ちなみに、RMTで稼いでで免許を取った学生もいるとか・・・

1990年代 ウルティマオンラインやディアブロオンラインなどのオンラインゲームが人気になり、RMT市場が活発になってくる。
1999年 日本で初めてRMT専門のサイトができる。
2004年4月 法人運営のRMTサイトが誕生する。このころからRMTが世間に知られるようになる。
2004年12月 大手ゲーム会社(スクエア・エニックスとコーエー)からRMTの禁止、及び厳罰を強調する声明が出される。
2006年 はじめ頃から大手RMT業者のメディア進出が目立ち始めて、RMTの問題点がいろんなマスコミに取り上げられるようになる。
2006年春〜夏

ラグナロクオンライン(*2)のゲーム内でRMTプレイヤーのBOTが大量に増えて、一般プレイヤーに著しい支障が生じるようになる。これに対し、会社の対応が不誠実だったため、ゲーム内で激しい抗議活動が行われた。

2006年7月 RMTやBOTプログラムなどの大量接続などによる被害が急増しているため、経済産業省がオンラインゲームの実態調査に乗り出し始めた。
2006年7月 ラグナロクオンラインのGM(*3)が不正アクセスを行ってゲーム内通貨の転売を行い5000万の利益を得たとして逮捕された。
2006年11月 RMTで1億5000万円もの荒稼ぎした中国人留学生が入国管理法違反によって逮捕。
2006年12月 RMT前提のオンラインゲームsecond lifeにトヨタや日産などの大企業が仮想の店を出店することで注目を浴びた。
2006年12月 オンラインゲームの国と言われる、韓国でRMT行為が違法だとされる法案が上程される。

こんな感じです。あくまで2006年まで、ですが。上記の表を見て分かるように、RMTができたことによって、困っている会社とプレイヤーが多いということが分かると思います。これが、RMTを使う人に嫌悪感を抱く人がいる理由のひとつでしょう。

個人的な意見としてはRMTは条件付で賛成です。その条件として、RMTを使う人と使わない人の隔離です。理由として、RMTを使う人のほうが武器やアイテム、レベルなどがすぐ上がるため、ほぼ、同時期に始めた人、先に初めていた人がやる気を失くしてしまうこと。次は、経済的余裕がある人が有利になってしまうことです。最後にBOTプログラム及び、不正プログラムの進入禁止の徹底。この、三つの条件さえあれば、自分は賛成派に動くと思います。

recommend

浜松で餃子なら
http://www.ishimatsu-gyoza.co.jp/

最終更新日:2016/11/10


*2 ラグナロクオンライン・・・日本のオンラインゲームの中でも最大クラスのもので、多数のRMT業者が存在する。ROと略されることもある。

*3 GM・・・Game Masterの略で、最近のオンラインゲームのなどでは、運営側のサポート役がこの肩書きを用いる。


お問合せ